バナー

過払い金の返還請求とは

消費者金融のキャッシングだけではなく、銀行のカードローンやクレジットカードを利用した場合、その返済の際には元金に加えて利息を支払わなくてはなりません。

この返済時の利息については各消費者金融や銀行などが独自に設定をしている金利によって計算されることになっています。

しかし、これらの金利については法律によってその上限が決められており、その上限を超えるような金利で計算を行い利息を請求することが禁止されています。

特に消費者金融では貸金業法という法律によって金利の上限が決められており、これを利息制限法といいますが、消費者金融の業者によってはこの利息制限法によって認められている以上の金利を設定しているところもあり、知らず知らずのうちに消費者が支払わずに済むはずの利息を支払ってしまうケースというものも少なくはありません。

セゾンの過払い金について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

このような消費者が支払わずに済むはずの利息は過払い金と呼ばれていますが、過払い金については返還請求をすることで取り戻すことができます。

また、借金を整理するために債務整理を行う場合、その手続きを進めていく中で過払い金の有無が調べられることになり、もしも過払い金があったときには返還請求をすることで借金の残りからその金額を差し引くことができます。

日本経済新聞についての情報を簡単に探すことができます。

その結果、借金の残高が大きく減少したり、場合によっては支払いすぎてしまったお金が戻ってくるケースもあります。

これまでにキャッシングを利用したことのある人で、過払い金があるのではと思い当たる場合には弁護士や司法書士などへ相談してみてはいかがでしょうか。