バナー

過払い金の発生のメカニズムと請求手続きについて

生活の中でお金が足りなくなってしまった時、消費者金融を始めとする貸金業者を活用すると便利に融資金を受け取ることが可能です。


特にカードローンやキャッシングといった手法を使うと即日融資もできるので、今日や明日に差し迫った緊急性の高い支払いなどにもスピーディーに対応することができます。

その点、大きな利便性をもたらすものとして愛用されています。しかしどんな借金でも返済の際には借り入れ額に加えて利息の支払いを余儀なくされることとなります。

現在は利息制限法に従って年利20パーセントを超える融資は禁止されていますが、しかしながら過去には法律の拡大解釈によってグレーゾーンと呼ばれる29.2パーセントにまで及ぶ金利が徴収されていたこともあります。

ニコスの過払いの情報を得られます。

これによって利息の返済だけでも大変で首が回らなくなる利用者も頻出し、その後の裁判にてこれらのグレーゾーン金利が違法であることが認められ、それ以降は20パーセントを超えるものはヤミ金以外は無くなっています。
さらに重要なのは、この違憲判決は過去に遡った適応も可能だということです。

ブログの情報を見つけよう。

かつて違法なグレーゾーンによる利息を支払ったことのある人は過払い金が発生している可能性が高く、正式な過払い金返還請求を行うことによって払い過ぎた利息を取り戻すことができます。

その意味でも、2006年以前に借り入れを行ったことのある人は過払い金が発生している可能性があるので、一度弁護し事務所や法律相談事務所の無料相談を活用して過払い金の有無について尋ねてみると良いでしょう。


もしも今現在、長きにわたる借金返済に悩んでいる人も、2006年以前から利用しているのであれば過払い金請求によって借金が減額となったり、あるいはそれ以上の返還金が生じる可能性もあります。こういった請求には期限があるので、できるだけ早めに行動することが望ましいでしょう。